経理部員と結婚したら?

経理部あれこれ

当ブログの、経理部の人とお付き合いあり? の続編。経理部員と結婚したら、どういう生活が待っているかを投稿します。今回、読んでいただきたい読者は独身の20,30歳代女性向けに、今、経理部員の彼氏と結婚するか否か迷っているあなたのために投稿します。別途、男性向けも投稿する予定です。

主としてメリット、デメリットの詳細を説明していきます。

Amazon.co.jp : 経理部員の性格

メリット:勤務時間が読める

質問:子供が生まれたら、育児を手伝ってくれる時間はあるのでしょうか?

回答:あります!

経理業務はルーティン作業が多く、役職がスタッフレベルであれば帰宅はほぼ定時にすることは可能。

ただし、管理職になると負荷がかかるのですが、今は昔と異なり、在宅勤務やフレックス勤務により、業務時間を自分で管理しやすくなっていますので。

繁忙期は年に1回の決算のみ。上場企業は4半期決算ですが、ほぼルーティンワーク化されております。

年1回の決算期およそ1か月間は、残業が多く休日出勤もあります。

でも、まあ年に1回だけですからね!

これにより、年1回の決算期以外は帰宅時間は比較的早く、育児を手伝ってもらうことは可能です!

私は決算期でさえも生後1歳の子供を風呂に入れてました。

メリット:昇進は約束されている

質問:残業が少なく手取りも少ないから、夫の給与だけで食べていけるの~?

回答:食べていけます!

経理部員はほとんどが資格保有者です。

会計士、税理士、簿記2級、1級、BATIC等々。

専門知識がないと務まりません。

また、会社は無駄に経理のような間接人員は雇用しません。

よって、ライバルが少ないということで、昇進の確率がかなり高くなります。

例えば営業であれば、技術職から移籍で営業になる社員は多いですが、技術職から経理職への異動はほとんどありません。

もちろん、本人の頑張りや向上心にもよりますが、普通に仕事をしていれば昇進は確実です。

よって、給与は会社にもよりますが、そこそこ保障されるでしょう。

メリット:真面目な人が多い

質問:結婚したら浮気はしないかしら。

回答:大丈夫です!経理部員は真面目な人が多いです。

とういのも、会計基準や税法を順守している人たちです。

基本原則があって、それをしっかり順守する。こういう癖がついていますね。

そのような思考に基づいて行動がされるので、基本的には真面目な人が多いです。

メリット&デメリット:お金に対してケチ

質問:彼はお金に対してはケチなの。

回答:お金のありがたさを知っているからそうなります。これも職業病の一つです。

いつもお金のことを考えているので、お金を大事にする傾向があります。

その使い道も意味のあるものでないと使いたくないのです。

例えば、スマホゲームに課金することに対しては、あまり賛成しません。

そもそもスマホでゲームをする時間って、必要なのか?価値のあるものなのか?

その時間があったら、もっと人生で価値のあることをやった方がよいのではないか?

と考える人が多いです。

裏を返せば、将来のことを真面目に考えている人です。

今、ゲームする時間は将来何もリターンとして返ってきませんから。

こんなことは良く言われていますね。

家族旅行やレジャーについては余暇を家族で楽しむことですから、喜んでお金を使うのではないでしょうか?

そんなに悲観することはありません。

デメリット:性格が細かい人が多い

質問:今付き合っている彼は、部屋に埃がたまっているとか細かい指摘が多いの。

回答:確かに細かい人は多いです。それは一種の職業病です。

細部にまでこだわって仕事をすることが求められる場面が多く、あまり大雑把な仕事は出来ないところから、日常にも無意識にそれが持ち込まれているのかもしれませんね。

確かに「いらっ」とすることはあるかもしれませんが、その分、いろんなことを把握しているので頼もしいと思えばよいのではないでしょうか?

そして、そんなできごとがあったら、「また職業病が出た」と指摘し、気づかせてあげましょう。

2,3回やれば学習するでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メリット、デメリットありますが、最終的に決めるのはあなたです。

経理という職業柄、染み付いた癖は、二人の生活に多少影響を与えるかもしれませんが、

ただ、最後に言えるのは、デメリットよりメリットが勝るということです。

あなたの人生はあなたが決めるです。

質問があればここをクリック

Amazon.co.jp: 経理部長が新人のために書いた経理の仕事がわかる本 : 近藤 仁: 本
Amazon.co.jp: 経理部長が新人のために書いた経理の仕事がわかる本 : 近藤 仁: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました